ISO/品質環境方針

北海道日建設計の品質と環境に対する考え方


北海道日建設計では、1999年に品質保証と環境保全に関するISO9001とISO14001による認証取得を行い、良質の作品をつくり北海道の生活環境の向上に貢献することを経営方針に据え、クライアントと社会の要望を正しく読み取り、価値のある提案を行うとともに、環境に配慮した建築づくりに取り組んでいます。

品質マネジメントシステム(Quality Management Systems)

JIS Q 9001:2015 (ISO 9001:2015)
北海道日建設計の品質に係わる活動の具体的行動方針・手順を北海道日建設計品質マニュアルに品質マネジメントシステムとして規定しています。
審査登録機関 日本規格協会ソリューションズ株式会社

環境マネジメントシステム(Environmental Management Systems)

JIS Q 14001:2015 (ISO 14001:2015)
北海道日建設計が環境保全に貢献するために行う、環境マネジメントシステムの具体的行動方針・手順を環境マニュアルに規定しています。
審査登録機関 日本規格協会ソリューションズ株式会社

北海道日建設計 環境方針


    私たちは、クライアントと社会の期待を正しく読み取り、環境の保全と向上に貢献します。

  1. 《オペレーションサイド》*における環境負荷の低減や執務環境の向上に努めます。
  2. 《プロジェクトサイド》**における環境デザインは、技術・経済面を踏まえ、環境パフォーマンスに配慮した環境性能をつくり込むよう努めます。
  3. 環境マネジメントシステムを順守するとともに、常に改善し、個人と会社が発展し、クライアントおよび社会に貢献してゆく持続継続活動となるよう努めます。


  4. *設計活動を含めた全部門の日常的な業務活動
    **主に設計、エンジニアリング、プロジェクト開発部門が業務の結果として、ブロジェクトにつくり込む環境性能